【実体験】クレジットカード不正利用されたら消費生活センターへ!過去詐欺事例2つご紹介!

Pocket

引き続き、クレジット不正利用されて大混乱した私ですが、まずは消費生活センターへ。

クレジットカード不正利用のことは消費生活センターへ

消費生活センターとはウィキペディアなど調べてみると、地方公共団体が設置する行政機関で、消費者からの事業者などに苦情、相談、そのほか消費者への悪徳詐欺について啓発活動の情報提供なども行っている組織です。

 

消費者生活のことは消費生活センターへ駆け込む、という構図が私の頭の中にあったんです。

というのも、実は今までも過去2度ほど消費生活センターへお世話になったことがあったのでね。

 

消費生活センター利用経験その①大学受験の個別指導塾でのリスト狩り

これは私が10代の時、その当時は急速に拡大する学習塾での出来事なんですが、

私は現在アラフォーですので今から20年前、まだ高校生の時のことで、

大学進学にむけての塾選びだったんですけど。

 

当時はまだパソコン自体もそこまで一般的に普及していない中で、

パソコンで授業をうけるという画期的な方法でした。

個別指導もついていて、基本的には自分でパソコン内のテキスト授業で、コツコツすすめ、

わからなければ先生に直接聞くという塾でしたね。

私は「革新的やな!!」と思い、感動したのもあってさっそく契約することを決めたんですよね。

 

ところがなんですが、

しばらくたったある日その個別指導塾の講師から、今通っている高校での持っている「生徒のリストを売ってほしい」といわれました。

 

紹介料は払うので「生徒の名簿リスト」がほしいと。

 

???

これって、

あれ?

 

「詐欺」ぽくね????(;・∀・)

 

と思ったわけです。

 

それで、やっぱり怖くなった私はすぐに母親に相談して、実家近くの最寄の消費生活センターへ駆け込んだというのが最初でした。

 

すでに「ローン100万円」を組んでおり、

もはや解約はできないと母親絶望的な気持ちになっていましたね(笑)

 

クーリングオフ期間を過ぎていたと思いますが、ことの経緯を話し消費生活センターの相談員の方から直接個別指導塾に直に連絡をしてもらい、何度か交渉かけあってもらって、最後に内容証明(内容証明とは主に相手側に宣戦布告するもので、経緯など記載して書面を送付することができるものです。法律がらみのトラブルの解決、特に「契約解除」・「債権回収」に用いられることが多いいですが、ただしそれ以上の法的効力は特に無いんですけどね。)を送って、結果的に業者ものんでくれて、解約手続きに至ることができたんですよね。

 

ローン100万円は回避

しました(;´▽`A“

 

消費生活センター利用経験その②初心者でも勝てると謳ったバイナリーオプションの海外口座開設

みなさんはバイナリーオプションについてご存じでしょうか?

かんたんにいうと、バイナリーオプションの各社が独自で提示しているトレード画面で売りか買いかを繰り返すシンプルな投資です。

スクラッチにも似た感じが若干ゲーム感覚だし、ある意味知識もいらないので単純です。

 

勝ち負け選ぶだけって

私にもいけるんちゃう?!!(⁰▿⁰)

 

とか、かんたんに思ってしまったのですが、バイナリーオプションの会社は実際国内外に会社があると謳っていても、住所もままならない架空の詐欺会社が多いです。

5~6年前の話で今は法整備などもだんだん整ってきているとは言え、依然注意が必要かと思います。

 

当時金融系会社員だったのですが、仕事に飽き飽きしていたころ副業を考え始めたんですよね。

たまたま目に留まったのがバイナリーオプションでした。

4社くらい口座開設をしたんですが、ある日バイナリーオプションの社員と名乗る人から電話がかかってきます。

 

しかも国際電話です(笑)

 

えぇ、不信感もなく通話いたしましたわ。

 

出典元:exciteニュース

 

詐欺会社:お客様には、期間限定でこの後トレードをしていただく際、今回弊社のトレードが初めてのお客様に対して特別キャンペーンとしまして30万円達成するまで、こちらで意図的に勝っていただくようにご対応させていただきます。

 

私:それって、え!!!!ふつうにトレードしても絶対負けないってことですか!!?(てかもう私は30万もうかったも同然てことかいなΣ(゚Д゚))

 

詐欺会社:おっしゃる通りです。30万円に達するまではこちらで勝っていただくよう対応させていただきますので、お客さまはまず通常どおりトレードを行ってください。

 

私:わかりました!てか、、えじゃあ、今回ちゃんと30万まで勝って上限に達したら、トレードで儲けた分は引き出しもできるってことですよね??!!

 

詐欺会社:お客さまのおっしゃる通りです。その代わりといっては何ですが、、初回入金はすでに3万円は入金していただいていると思うのですが、今回のキャンペーンのご参加にはさらに10万円の入金をいただく必要があります。

 

私:10万????(うん?でも、もう30万儲かることが決まってるんだもんね。すぐ入金したほうがいいよね)わかりました!

 

詐欺会社:今日中に入金いただくことは可能ですか?入金が確認でき次第、今回の条件でのトレードを利用できるように手配いたしますよ!!

 

私:すぐ入金します(; ・`д・´)

 

こんな感じで通話終了です。

 

 

 

いや、、

 

ほんと、バカだと思います(我ながら寒いよ自分)( ̄▽ ̄;)

 

 

こんなやりとりをして、実際にトレードをして30万に到達まではしましたね。

 

ところがですね、、そんな甘い話があるはずはないですよね(笑)

 

お金を引き出そうと思って申請したところまったく応じてくれず、ネットで調べたら他にも詐欺被害にあってる人の投稿があったという始末(;’∀’)

 

おなじみ、消費生活センターへいって相談すると、会社が実存しないということが分かり詐欺会社と判断、カード会社へ返金対応をの依頼のため、またまた内容証明をお送りして入金した金額を返金してももらいましたとさ(;´▽`A“

 

皆さんも気を付けてくださいね。(説得力ないけど( ̄▽ ̄;))

 

消費生活センターへいったときの記録を次のページで記載します。